EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

【ハプスブルク展に行くなら絶対見るべき】マクシミリアン1世の遺産

2019/11/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

 

ハプスブルク家は多くの英雄を輩出してきた名門一族ですが、そのなかでも際立つのが「中世最後の騎士」と呼ばれたマクシミリアン1世です。神聖ローマ帝国のローマ皇帝、オーストリア大公など多くの称号をもち、また自身と子・孫の結婚政策で成功をおさめ、ハプスブルク家の隆盛の基礎を築きました。また『マクシミリアン大帝』と呼ばれた彼の時代には、ハプスブルク家ならではの多民族国家が生み出されました。この記事ではそんなマクシミリアン1世の生涯をみていきたいとおもいます。

スポンサーリンク

マクシミリアン1世とは

マクシミリアン1世 ハプスブルク家 (ストリーゲル画、1500年頃(ウィーン美術史美術館蔵)画像引用元:Wikipedia)

ハプスブルク家の英雄と称されるマクシミリアン1世。戦争は他のものに任せておけ、汝は結婚せよ」という言葉はこのマクシミリアン1世の時代からはじまるわけですが、実際のところ、彼自身は世26年のうちに25回もの遠征をおこなっており、自ら前線にたち傭兵を従え、正々堂々と騎士らしく戦ったといいます。マクシミリアン1世は領土を、ブルゴーニュ、スペイン、ハンガリーへと広げ、ドイツ語圏における、ハプスブルク王朝の存在感を確実なものにし、ハプスブルク家をヨーロッパ有数の名家にまで押し上げた人物でもあります。

 

生涯を戦場で過ごした、勇猛果敢な騎士

マクシミリアン1世 ハプスブルク家(マクシミリアン1世 1618 ルーベンス画 画像引用元: Wikipedia)

マクシミリアンは父フリードリヒ3世が付けたスコラ学の家庭教師に関心を示さず、一方、馬をはじめあらゆる武芸に秀でていたといいます。騎士道物語や年代記、紋章学などに関心を持ち、実際その生涯のほとんどを戦場で過ごしました『マクシミリアン大帝』という名の通り、彼は正義と知恵、寛容や高慢さにおいて、どの王よりも優れていたといいます。

スポンサーリンク

芸術への惜しみない愛情と、多額の借金

マクシミリアン1世 ハプスブルク家(デューラーの凱旋門 画像引用元: Wikipedia)

マクシミリアンの社交的で明るい性格や芸術・学問への関心は、母エレオノーレの影響が大きいとされています。彼は豪商フッガー家から多額の借金をしてまで、芸術に惜しみなく金を注ぎました。2019年秋から上野で開催されている『ハプスブルク展』では、デューラーの凱旋門をはじめとする木版画をみることができます。

マクシミリアン1世 ハプスブルク家(マクシミリアンが若き日に着用し、後に叔父のシグムントへの名誉ある結婚式の贈り物として贈られた 画像引用元: Wikipedia)

事実は多額の借金を抱えていたため、なかなか油絵を注文することができなかっただけ….のようですが、安くして「ハプスブルク家」の名前を世に広めるに版画は好手段だったのかもしれません。鎧などにもこだわりが見られ、最大限の保護を提供するだけでなく視覚的にも楽しい装甲を好んだそうです。

 

ハプスブルク家の特徴、「出張った顎と下唇」

マクシミリアン1世 ハプスブルク家(マクシミリアン1世とその家族 画像引用元:Wikipedia)

こちらの肖像画はマクシミリアン1世と彼の家族、息子のフィリップ(左下)と、妻ブルゴーニュ公のメアリー(右上)も描かれています。ハプスブルク家というと『前に突き出した顎と下唇』という特徴を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。比較的目立たず描かれておりますが、この特徴はマクシミリアン1世にも見られたといいます。また孫のカール5世には顕著にみられるようになり、この優性遺伝子が(血が濃くなることにより)スペインハプスブルク家に顕著に現れていくことになるのでした。(参考記事:【ハプスブルク家と高貴な青い血| 顎と下唇にみえる禁断の歴史】)

スポンサーリンク

マクシミリアン1世の知略、恐るべき婚姻外交

マクシミリアン1世 ハプスブルク家(妻ブルゴーニュ公マリーとの対面 19世紀画 画像引用元: Wikipedia)

中世に生きた「勇猛果敢な騎士」英雄の最期

マクシミリアン1世 ハプスブルク家(晩年のマクシミリアン1世アルブレヒト・デューラー画、1519年 画像引用元: Wikipedia)

こちらの肖像画はマクシミリアン1世のお気に入りの画家、デューラーが描いた「晩年のマクシミリアン1世」です。領地を拡大し、政略結婚もトントン拍子に進みといいことばかりにもみえますが、実際のところは、

  • スイスには事実上独立され、
  • ヴェネチア戦を戦うも、屈辱的な講和を結ぶにいたり、
  • ルターによる宗教改革ののろしもあがり
  • 息子フィリップは若くして亡くなる (暗殺されたと噂あり)

と多くの困難も経験していました。

フィリップの死 マクシミリアン1世の息子(フィリップの死去 19世紀画 画像引用元: Wikipedia)

そんなハプスブルク家から生まれた英雄は、多くの困難を一手に引き受け、1519年、59歳でこの世を去ったのでした。結果としてハプスブルク家は神聖ローマ帝国の皇帝の座をほぼ独占し、5つの宗教と、12の民族を何世紀もの長きによって束ね続け、フランツ・ヨーゼフが戴冠した帝国末期でさえ、その領地面積はロシアを除いてヨーロッパ最大だったといわれるに至りましたマクシミリアン1世の意思は確実に後世に引き継がれ、またこの一族からは、マリー・アントワネットの母であり、美しき・女帝マリア・テレジアなど様々な英雄やヒロインが生まれていきます。

スポンサーリンク

あとがきにかえて

マクシミリアン1世 ハプスブルク家(包囲された町で馬に乗ったマクシミリアン 画像引用元: Wikipedia)

1498年、旅から旅への日々を過ごしていたマクシミリアンは、やがて楽団を同行させるようになり、旅先での儀式はもちろん、旅の途中でも演奏をさせたといいます。旅の楽団のメンバーは、後に作られたウィーンの王宮礼拝堂の聖歌隊に参加させ、宮廷礼拝堂少年聖歌隊と創設しますが、これがウィーン少年合唱団の前身となったと言われています。様々な功績を残した中世の英雄、マクシミリアン1世の影響は、案外身近なところにあるのかもしれません。

ハプスブルク家シリーズはこちら

関連記事

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です